なぜ土地は買取できないの?

木材販売と林業経営

当社は木材販売業者で、山林から産み出される丸太の生産販売を生業としてます。

間引きの間伐、収穫の主伐、と山林育成のフェーズにより、伐採計画を提案します

それに対して、林業経営は50年、100年と長期にわたる計画と投資により山林不動産を所有し、植えてから収穫することでリターンを得る業種です。

十勝には広大な面積の山林を持ち、林業経営されてる方が多く存在します。当社はその方々の期待に応えられるよう、木の価値を高められるよう努力してます。そのような事から仕事の内容が異なり、仕入れ対象物が違うため当社で土地の買取ができません。

立木伐採して丸太にします。
木材販売業者と林業経営者は異なります。

丸太販売

当社は、炭鉱が多かった時代に”坑木”と呼ばれ、炭坑内で使用される、木板、丸太資材を納入してました。”坑木”は、サイズが特殊で、太さや長さが一般の製材工場で使う丸太と違います。

種類も多種で「曲がり」や「許容範囲」が厳格な仕様もありました。そのため、多くの山林所有者と情報交換し、所有する立木内容を把握し、需要に応じて立木を買い入れ、納入する必要がありました。

その流れもあり、現在は建設用の合板や、梱包パレットなどに用途が変わりましたが、山林所有者の立木を買い入れ、丸太に伐採生産して出荷販売する事業を続けております。

立木伐採とは

木にも寿命があります。縄文杉などの何千年という木があることは皆さんご存知です。しかし、1950年頃に国策で植えられた植林木は人工林で、”計画栽培”なのです。あくまでも使用する目的で植えられました。

植林木は、縄文杉のように1000年育たず、植える間隔、地形、苗木種などからか、50年程度で成長が止まります。植林山林にも植えたからには収穫期があるのです。

立木の伐採収穫は林業経営に必要
計画的な立木伐採

植えてても”間引き”してない未間伐山林や、台風や強風で立木が倒れたままの”風倒”被害の山林が放置されてます。植林では農業のように、一度人間の手をいれたら収穫までしないと、耕作放棄地のようになり荒地となってしまいます。

それは自然とは言えなくて、風雨に耐力のない災害に弱い山林となってしまいます。災害が多発する現代において、山林所有者の方々の役割がとても重要です。

国産立木の時代到来?

現代はCO2の問題で森林が注目されてます。少し違う観点ですが、外国からの輸入木材の輸送には、石油燃料が大量に使われており、莫大なCO2を排出します。日本国内で、国産材を使うことは”輸送”の点においてCO2削減になるでしょう。

当社は長年、国内外材を取引してますが、為替や外国情勢などで相場が荒れ、価格の乱高下に翻弄されてきました。しかし、輸送料金やその燃料のCO2問題がこんなに注目されることはありませんでした。そんなことからも、日本国産山林材が注目されているのです。

Follow me!

前の記事

PH開発の歴史

次の記事

3棟限定セット販売