立木買取

立木買取

所有しても立木伐採できない保安林

人工林とは、元々自生していた木を伐採してから人の手で植林された山林をいいます。 それに対して、長い年月をかけて種から自然に自生した山林を天然林といいます。 北海道の山林面積は550万haで人工林は145万haですから、約26%...
立木買取

山林の価値を決めるポイントは?

人気観光地の北海道で、ドライブ中に皆さんが見る山林は、緑が深くて空気がきれいで自然の象徴として映るでしょう。 でも、私たち木材業者は緑を眺めていても高価な山林だなとか、あの立木は切り出すのに苦労しそうだからあまり価値がない山林だな、...
立木買取

針葉樹丸太はどう使われる?

計画的に植林されて、立木から伐採生産された針葉樹の丸太は、どのように利用され流通しているのでしょうか? 林業経営者でも自ら生産出荷した丸太が、最終的にどのように利用されているか、正しく理解されていない方もいます。 植林してから...
立木買取

立木価値を高める?木質バイオマス発電

世界的な脱炭素の取り組みや原子力発電の代替えとして、再生可能エネルギーの利用が進んでいます。 太陽光や風力といった再生可能エネルギーの一つとして木質バイオマス発電があります。 その原料は山林で立木伐採される木材です。 木...
立木買取

立木の買取価格はどう決まるの?

もし、あなたが山林を所有しているなら「立木(樹木)が売れないか?」と考えたことはありませんか? 親類が山林を持っている、もしくはご自身が所有していても「利用法」が思い浮かばなかったり、固定資産税など維持費が気になったりします。 ...
立木買取

丸太価格の材積とは?立木の価値に直結

トラックで搬出するので、立木は伐採して工場のオーダーに応えて、積みやすく丸太に加工されます。 丸太を買ってくれる方の要望に応じ、樹種や長さ太さを揃えて出荷します。 丸太を価格付けする単位は、一般的に重さではなく体積を使います。...
立木買取

山林所有者が考えるべき立木のリスク

林業経営者や森林所有者は、苗木を植えて、立木を育てて伐採して丸太を生産供給します。 最低でも30年以上の長い年月を立木の育成にかけますが、その間にさまざまな山林経営のリスクを背負うことになります。 長期投資は不安ですが、考えら...
立木買取

SDGsの実現には健全な林業経営

SDGs(持続可能な開発目標)の2030年までの17の目標で、いくつもあてはまるのが森林機能の維持で、2030年以降も将来に向かって考えることが必要です。 「林業なんて成り立たない…」 現実として、これまで多くの林業家や山林所...
立木買取

丸太材質に影響する?立木の方位

年輪の幅がせまいと硬い木になり、角材や板材に製材加工にしても、腐りにくくて 「寸法くるい」 が少ない材木になります。 生長が早い立木は年輪の幅が広いので、製材すると乾燥収縮で寸法差異が大きくなります。 立木を評価するには、製材...
立木買取

所有者だからわかる、ソロキャンプ用山林購入の注意点

ソロキャンプやグループキャンプが流行して、趣味の延長として山林を個人所有する人が増えてます。 当社は社有林を所有してますが、山林を所有する者として考えておかなければならないことがあります。 山林は売買価格も安価で固定資産税も安...
タイトルとURLをコピーしました