立木買取

立木買取

山林の価値を決めるポイントは?

人気観光地の北海道でドライブ中や登山などで皆さんが見る山林は、緑が深くて空気がきれいで自然の象徴として映るでしょう。 でも、私たち木材業者は緑を眺めていても高価な山林だなとか、あの立木は切り出すのに苦労しそうだからあまり価値がない山...
立木買取

立木の買取価格はどう決まるの?

もし、あなたが山林を所有しているなら「立木(樹木)が売れないか?」と考えたことはありませんか? 親類が山林を持っている、もしくはご自身が所有していても「利用法」が思い浮かばなかったり、固定資産税など維持費が気になったりします。 ...
立木買取

山林所有者が考えるべき立木のリスク

林業経営者や森林所有者は、苗木を植えて立木を育てて伐採し丸太を生産供給します。 最低でも30年以上の長い年月を立木の育成にかけますが、その間にさまざまなリスクを背負うことになります。 長期投資は不安ですが、考えられる立木へのリ...
立木買取

SDGsの実現には健全な林業経営

SDGsとは持続可能な開発目標で、自然環境は循環して持続しなければなりません。 森林機能の維持もその対象になり将来に向けて持続性を考えることが必要です。 「林業なんて成り立たない…」 現実としてこれまで多くの林業家や山林...
立木買取

針葉樹丸太はどう使われる?

計画的に植林されて立木から伐採生産された針葉樹の丸太は、どのように利用され流通しているのでしょうか? 林業経営者も生産出荷した丸太が最終的にどう利用されているか、正しく理解されていない方もいます。 植林してから40年で主伐でき...
立木買取

立木買取と山林買取の違い、弊社は丸太を供給してます

弊社は山林から産み出される丸太の生産販売を生業としてます。 山林は土地なので買取はできませんが、立木のみを買取しております。 お客様の山林状況をよく観察し市況を考えて、間引きの間伐、収穫の主伐と山林育成のフェーズにより伐採計画...
立木買取

足寄はばんえい競馬の生産地

北海道南東部の帯広市を中心とした十勝地方。 弊社北都物産足寄事業所は十勝北部に位置してます。 広大な土地に広がる大自然や清流を活かし農業や酪農が盛んで、野菜やチーズなどさまざまな特産品があります。 十勝川花火大会など全...
立木買取

所有しても立木伐採できない保安林

人工林とは、もともと自生していた木を伐採して人の手で植林された山林を言います。 それに対して長い年月をかけて種から自然に自生した山林を天然林といいます。 北海道の山林面積は550万ヘクタールで人工林は145万ヘクタールですから...
立木買取

十勝のソウルフード、美味しい「豚丼」の歴史

十勝や帯広の名物と言ったら「豚丼!」と答える方が多いのではないでしょうか? 豚丼は今や全国にも知られる有名グルメですが、意外と豚丼の歴史は知らないかもしれません。 そこで十勝のソウルフードである豚丼の歴史についてご紹介します!...
立木買取

針葉樹と広葉樹の違い、なぜ植林はカラマツか?

林業経営は山林で植林し木を育成して伐採し丸太を生産して販売することです。 農家と同じく収穫物の立木を効率良く丸太として生産しなければなりません。 そのためには収穫期間が大切で立木の”生長速度”を考える事になります。 木は...
タイトルとURLをコピーしました