山林所有しても伐採できない保安林

人工林とは、もともと自生していた木を伐採して、人の手で植林された山林をいいます。対して、長い年月をかけて、種から自然に自生した山林を天然林といいます。

人工林
間伐している人工林

北海道の山林面積は550万ヘクタールで、人工林は145万ヘクタールですから、約26%が天然の山林ではない人工林ということになります。戦前からも建築などで木材需要が多かったので、主に使用する目的で植林されました。

災害防止機能の山林

時が経ち、木造から多種な建築構造に変化したり、輸入材の増加など植林時の木材需要環境は変わりました。しかし、植林した山林は、完全な自然ではありません。山間部は傾斜地が多く、農地の耕作放棄地ような平地ではありません。放置しておくと、表層土砂崩れや流木被害を発生させます。

CO2対策、温暖化で台風など強風への防風林対策や、海洋資源の保護を目的とする漁業対策等に、山林、森林機能に期待する声が世界的に高まってきてます。

確かに必要な保安林制度

そんな土砂崩れ防止や水源涵養(雨水保水機能) などを目的として、保安林制度があります。山林が保安林に指定されている場合、売買は可能ですが、自分の山林であっても伐採など勝手にできません。

すべての山林が、営利、経済目的ですと、無計画な伐採で不利益を被る可能性があります。近年の災害により人命財産が毀損するのは重大な問題です。山林機能の回復には数十年の年月がかかり、長期の計画運用が必要です。

保安林指定の解除について制度上は可能としてますが、一度指定されると解除になる例はとても少ないです。営利目的としての保安林解除は認められません。

保安林は山林所有者に固定資産税などの税制上の優遇があります。しかし、自己所有の山林なのに手入れや伐採はできないので、相続したり売買するときに注意が必要です。「山林所有者になった。」と思いきや、手入れや立ち入りも制限されることになりかねません。

Follow me!