山林所有者が考えるべき立木のリスク

山林所有者が考えるべき立木のリスク立木買取

林業経営者や森林所有者は、苗木を植えて、立木を育てて伐採して丸太を生産供給します。

最低でも30年以上の長い年月を立木の育成にかけますが、その間にさまざまな山林経営のリスクを背負うことになります。

長期投資は不安ですが、考えられる立木へのリスクを明らかにすることで検討しましょう。

自然によるリスク

近年の観測史上まれにみる台風や、豪雨豪雪強風などの気象や、地震や落雷、噴火、隕石の衝突も考えられますので、決してノーリスクで山林を所有することはできません。

土砂崩れ

引用:気象庁

大雨や地震による土砂崩れによって、育てた木や投資した林道を失うリスクがあります。

自然災害(天災)では、原則的に誰にも責任を問うことができませんが、現実として復旧工事には多額の費用が掛かります。

国や自治体の復興計画に基づく復旧作業のやり方に、協力しなければならないこともあります。

場合によっては災害により復旧をあきらめて、その土地での林業経営をやめなければならないこともあり得ます。

風や雪で倒れる

林業死亡事故原因で最も多い「かかり木」処理は安全技術と時間を必要とします。

強風や台風で木が倒れることを、風倒(ふうとう)といいます。

伐採で倒した木ではないので、ほとんどの風倒木は、外部ではわかりませんが幹内部にダメージがあります。

異常な集中豪雪も枝や幹に加重をかけて、折れたり樹幹を破壊し木を痛める原因となります。

風倒や豪雪は「かかり木」といって、倒れかけた木が別の木によりかかった状態にします。

林業死亡事故原因で最も多い「かかり木」処理は安全技術と時間を必要とします。

丸太価値が低くなったり、搬出に多額の費用が掛かる風倒や豪雪被害木は、林業経営の大きなリスクとなります。

虫害

被害が発生すると拡大を防ぐために、虫害エリアを早く伐採する方法がとられてます。

キクイムシを代表とする虫害は、一度発生すると広範囲で長期にわたり被害木を発生させます。

多くの種類の害虫(菌やウィルス)が確認されていて、発生のメカニズムはよくわかっていないので予防法が確立されてません。

現在のところ被害が発生すると拡大を防ぐために、虫害エリアを早く伐採する方法がとられてます。

さらに近年は、これまで発見されていなかった虫や、温暖化の影響で生息域が変化してきて新たな被害の発生源となっている虫害もあります。

シカの食害(獣害)

シカの農業被害が深刻ですが林業被害も甚大です。

山奥の山林現場によく行く私達の感覚として、北海道においてシカなどの野生動物が増えています。

エゾシカは木の枝や葉、樹皮を食べます。

食害を受けるとそこから幹への腐朽がすすみ、立ち枯れして木材として価値がなくなってしまいます。

シカ等の農業被害が深刻ですが、林業被害も甚大です。

その他の獣害としては、ネズミの食害は古くから林業経営の大敵です。

山火事

山火事は発生すると被害が広範囲にわたります。

落雷などが原因の森林火災は自然現象でもあり、一定数は必ず発生します。

しかし、発生の多くはタバコ、焚火、野焼き、放火など人為的な原因であり、発生すると山林資産損失が甚大で、所有地だけではなく広範囲にわたります。

何十年も投資して手がけた森林資源を一瞬で失うことになるため、林業従事者は火の取り扱いを厳重にしなくてはなりません。

社会によるリスク

山林資源の立木は丸太として市場で取引され流通しますが、景気の影響を受けて価格も変動し、頻繁に需給が変化します。

外国材との競争での為替相場や、物流の停滞、住宅着工動向も丸太価格に影響があります。

境界がわからなくなる、勝手に伐採される

先ほどの土砂崩れまでではないものの、風化による落石崩落のような小規模な土地の形状変化は、山林内では常時、起きています。

それにより隣地との境界がわからなくなることがあるのです。

さらに、私達が実際に経験したのですが、立木を売りたい山林所有者に案内されて現場に行くと、あるはずの立木がすべて伐採されていたのです。

何者かが勝手に無断で他人の財産である立木を違法伐採して盗んだ犯罪です。

ゴミを不法投棄される

山林にゴミを不法投棄する者もいます。

監視の眼が行き届かない山林に、ゴミを不法投棄する者もいます。

テレビや冷蔵庫などの大型家電製品や自転車、自動車部品など様々なモノが山林に捨てられるリスクがあります。

何年も行かないと、建設残土やコンクリートなどの建築廃材が捨てられていたりして、地形が変わっていることもあります。

原則的に処理費用は所有者なので大きなリスクです。

山林ではこういうことが本当にあります。

丸太の取引相場の下落

グローバルに取引される現代では、丸太木材資源も世界の相場にリンクします。

グローバルに取引される現代では、丸太など木材資源も世界の相場にリンクします。

販売当時にリスクについての説明不備があったとされる国有林分収林でも過去に問題になっています。

金融ショックなどがあると、住宅販売状況や物流が悪化し、原材料となる丸太取引相場も乱れます。

林業経営において植えてから伐りだすまで30~40年かかり、その時の相場を想定することはほぼ不可能でしょう。

確かに相場が下落する可能性もあり得るのです。

林道の整備費用の負担

隣接する山林所有者から共同で使用できる林道整備のために、費用の一部の負担を求められることもあります。

共同で使用する林道は、国公有林も参画していることが多く、森林組合で扱う補助金もあります。

しかしながら、少額でも山林所有者の費用負担が発生することがあります。

どんな資源投資にもリスクがあります

山林の立木所有には様々なリスクが存在します。

山林資源への投資は公共的な側面があり、視野を広くすると地球環境において、CO2吸収ということで社会的な好影響もあります。

SDGs(持続可能な開発目標)でも、山林における丸太の循環は求められる行動となりえます。

しかし、農業や養殖漁業の食料資源と同じく、山林の丸太にも様々なリスクが存在します。

すべてのリスクを排除することは不可能ですが、紹介したリスクを念頭に立木生産や林業経営を考えていく必要があります。

タイトルとURLをコピーしました