十勝のソウルフード、美味しい「豚丼」の歴史

十勝帯広の豚丼立木買取

十勝や帯広の名物と言ったら、「豚丼!」と答える方が多いのではないでしょうか?

豚丼は、今や全国にも知られる有名グルメですが、意外と豚丼の歴史は知らないかもしれません。

そこで、本記事では、十勝のソウルフードである豚丼の歴史についてご紹介します!魅力ある十勝グルメ「豚丼」をより深く知っていきましょう。

豚肉食は大正時代末期から一般的に

(C)北海道観光振興機構

 豚丼が生まれた歴史を知るには、豚肉食が定着した頃までさかのぼる必要があります。

十勝は、かつて北海道に入植した結社のうち、晩成社を率いた依田勉三らによって開拓されました。依田勉三らは十勝の開拓を進めた功労者であり、その過程で様々な試みをしました。

そのひとつが、豚の飼育でハムの製造にチャレンジしています。

ただ、ほとんどの試みは失敗に終わってしまいます。

開墾当初に野火やイナゴの大群に悩まされたり、天候に恵まれなかったりするなど、生活は困窮を極め、食事は豚の餌と見間違うほどだったそうです。

依田勉三は「開墾のはじめは豚とひとつ鍋」と、同士の渡辺勝は「おちぶれた極度か豚とひとつ鍋」と詠み、生活の苦しさとともに、豚が身近にいたことがわかります。

依田勉三は大正14年に亡くなりますが、大正時代末期には豚肉食が一般的になったと言われています。

1933年に「ぱんちょう」創業者の阿部秀司氏が考案

 豚肉食が一般的になってから時は過ぎ、1933年(昭和8年)に豚丼の生みの親、阿部秀司氏が大衆食堂「ぱんちょう」を帯広にオープンしました。

はじめはオムライスやカレー、親子丼など様々なメニューを提供していましたが、「生き残るには特色あるメニューが必要」と考え、豚肉に目を向けます。

当時、高級グルメだった豚鍋や豚カツは多くの人に届かないと思い、行きついたのが豚丼です。

うなぎのたれからインスピレーションを受け、しょうゆベースの独自のタレが生まれました。

当時のぱんちょうには、「鰻丼よりもうまい当店自慢の豚丼を召し上がれ」という看板が立ったことでも知られています。

「帯広系豚丼」として全国区に!

ぱんちょうが豚丼専門店になると、帯広の他店でも豚丼が出されるようになりました。

店舗ごとに専門分野を侵害しない文化がありましたが、豚丼はそれぞれのお店で特色を出しながら工夫を凝らし、お店ならではの豚丼をつくっていきます。その結果、帯広の名物として、豚丼が育っていったのです。

それまで豚丼は十勝ならではのグルメでしたが、2003年には吉野家などの牛丼チェーンが豚丼の販売を始めました。

2003年はアメリカで狂牛病が問題になり、牛肉が調達できなくなった年で、牛丼の代わりとして豚丼が開発されました。

吉野家は「豚丼」、松屋は「豚めし」、すき家は「豚丼(とんどん)」と名前が異なっていたので、差別化するために「帯広系豚丼」や「十勝豚丼」と呼ばれるようになり、全国でも「十勝と言えば豚丼!」と知られるようになりました。

北海道でも十勝帯広だけ

北海道内でも豚丼が名物なのは十勝の帯広だけです。

広大な北海道では明治の開拓時代から養豚や養鶏も盛んでした。旭川や北見に精肉店や焼肉店が多い地域もありますが、豚丼店が多いのは帯広だけで、札幌からの道民旅行者でも十勝グルメに豚丼を食すほどです。

北海道グルメというと「ラーメン」「ジンギスカン」が連想されますが、十勝独特の豚丼もお忘れなく。

十勝の豚丼有名店をご紹介します

 十勝の名物「豚丼」を提供するお店は、帯広に数多くあります。なかでも有名な豚丼専門店を3店舗ご紹介します!ぜひ参考にして、豚丼を味わってみましょう。

ぱんちょう

おびひろ観光ナビ(C)

十勝の有名店で外せないのが、豚丼発祥のお店「ぱんちょう」です。

炭火で焼かれた豚肉が丼ぶりからはみ出るほどの迫力で、たっぷりと豚丼を味わうことができます。一番豚肉が多いのが「華」サイズなので、発祥の味を楽しみたい方はぜひ選んでみてください!

いっぴん

いっぴんは、タレにこだわった有名店です。

タレのメーカーだった「ソラチ」が展開し、炭火で焼かれた豚肉と相性抜群のタレが絡み、いっぴんならではの味わいを楽しめます。タレは追加できるので、もっと味わいたくなったら気軽にオーダーしてみましょう。

とん田

十勝毎日新聞紙面 (C)

豚丼は、お店によって焼き方が異なり、とん田ではフライパンで豚肉を焼いています。

炭火の香ばしさはありませんが、タレや肉の味わいを直に感じられるのが魅力です。

ロースやヒレ、バラなど部位を選べるので、お好みの部位を選んで、フライパン焼きの豚丼を味わってみましょう!

まとめ

全国的にも有名な十勝のソウルフード「豚丼」は、十勝開拓で依田勉三らが養豚を始めた頃に歴史が始まり、1933年にぱんちょうの創業者・阿部秀司氏によって生み出されました。

独自のしょうゆベースのタレが人気を呼び、帯広系豚丼・十勝豚丼として全国にその名が広がりました。

十勝には、豚丼発祥のお店「ぱんちょう」以外にも多くの有名店があります。豚丼の歴史を知った上で、お好みの有名店で豚丼を味わってみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
立木買取
hokutobussanをフォローする
北都物産/十勝の立木買取 丸太生産販売
タイトルとURLをコピーしました