山林の価値を決めるポイントは?

山林の価値の差は、いったい何でしょうか?立木買取

ドライブ中や登山などで皆さんが見る山林は、緑が深くて空気がきれいで自然の象徴として映るでしょう。

ソロキャンプブームがエスカレートして、個人で小面積の山林を買う方も多くなってきています。

でも、私たち木材業者は緑を眺めていても、高価な山林だなとか、あの立木は切り出すのに苦労しそうだから、あまり価値がない山林だな、とか思ってしまいます。

自然を素直に楽しめない悲しい一面ですが…

同じように見える山林の価値の差は、いったい何でしょうか?

自然ではない経済林、立木生産林

立木を生産している山林を経済林(生産林)と呼びます。

北海道ではカラマツやトドマツ、エゾマツなどが主に植林され育てられます。

林業は植林して育成し、価値ある立木に育てて伐採し、販売するのが目的です。

営利目的の山林は、人工林と呼ばれます。

そんな山林もあれば、国公立公園のように自然保護を目的とし、原則的に伐採を禁止している天然林(自然林)もあります。

人工と天然

わかりやすいように説明します。

農地と草原を想像してください。

農地は作物収穫を目的に人力で農耕し、作付け収穫し生産します。
農地は作物収穫を目的に人力で農耕し、自然の草原ではない。

農地は作物収穫を目的に人力で農耕し、作付け収穫し生産します。

パッと見ると農地作物の緑なのか、人の手が入っていない草原の緑なのか、これは皆さんわかりますよね?

それと一緒なのが天然林と人工林で、山林は見た目ではわかりにくいのです。

山林立木の成績が良い、悪いとは?

林業を生業としている個人法人は、どの山林が稼げて、どの山林がイマイチなのか、当然把握しています。

稼げる山林は立木に投資を検討できますし、稼げない山林はそれができません。

経済林の成績が良い悪いというのは「植林から伐採販売」までで稼げたかどうかの事です。

地域間格差がある

山林の価値の差は、いったい何でしょうか?

間伐(木の間引き)の本数や回数、タイミングは立木状態によって違ってきますし、それによって販売結果が変わってきます。

それ以上に立地(土地形状)や気候、あるいは土質、方角が重要なのです。

切り立った地形の立木を丸太にして搬出するのにとても苦労しますし、豪雪地帯は除雪が必要で林道も痛みが激しいです。

これらは搬出コストを高くしますので、収益を圧迫します。

また、土質のせいなのか土地の崩落が影響しているのかわかりませんが、地域によってはアテやヌレと言われる丸太の欠点が発生したりします。

まだ、未解明なことも多く、立木が成長して太くなり主伐となった時に、価値がつけられない丸太となったり、害虫が頻繁に発生する地域もあったりします。

価値が高い経済林

今でも丸太生産が盛んな北海道では、広大な面積を活かして生産性を高めて搬出コストをおさえ、山林経営ができる地域もあります。

輸出入が大量の現代では、針葉樹の木材価格は、昔のように大きく変動しません。

販売価格が頭打ちなわけですから、搬出するコストをいかに抑えるかがポイントとなります。

立木の生長スピードや丸太価格にも影響を受けますが、丸太販売価格で植林育林、搬出コストをカバーできる山林は、価値が高い経済林と言えるでしょう。

まとめ、立木の生産効率が良い山林は高価値

道路新設や維持に多額のコストがかかりますので、長期にわたる計画が必要となります。

私たち木材業者が、立木を切り出し丸太にする作業の生産性を高めて、そのコストを抑える努力をすることは当然です。

お客様の利益のために非効率なことを取りやめ、立木価値を最大限に引き出すことが求められています。

しかし、それだけでは限界があり、林道の新設や補修など立木生産に投資しないと、山林の生産性を大きく下げてしまいます。

山林経営において道路は最重要で、何をするにも林道がないと始まりません。

成長した立木の価値が高くても、搬出するときのコストが高くなってしまうと、利益が少なくなってしまいます。

道路新設や維持に多額のコストがかかりますので、長期にわたる計画が必要となります。

タイトルとURLをコピーしました