立木価値を高める?木質バイオマス発電

立木価値を高める?木質バイオマス発電立木買取

世界的な脱炭素の取り組みや原子力発電の代替えとして、再生可能エネルギーの利用が進んでいます。

太陽光や風力といった再生可能エネルギーの一つとして木質バイオマス発電があります。

その原料は山林で立木伐採される木材です。

木質バイオマス発電とは?

木材を燃料として燃やして発電するのが木質バイオマス発電です。

発電のためにタービンを回す燃料となるのが、製材工場では使われない木材です。

木質バイオマス発電のCO2は?

木質バイオマス発電は再生可能エネルギーとして国際的に認められています。

森林に蓄積したCO2は木材を利用して排出しても、植林により再びCO2を吸収してくれるため、という考え方です。

ただし、違法な伐採からの木材やパーム油を燃料とした発電のように再生が困難な熱帯天然林を伐採していくような焼き畑伐採は、再生エネルギーとして認められていません。

発電に使われる燃料は木材

日本国内で木質バイオマスに使われる主な木材は、製紙原料材となるパルプ用材が中心です。

価格も同じくらいに設定されていて燃料なので、曲がりやフシの数などの細かい品質規定はありません。

しかし、泥や土が付着していたり金属が混入しているとバイオマス発電工場の設備が破損することがあり、受け入れ基準を厳しく設定しています。

また、合法である伐採から搬出された木材であることの証明も必要です。

原料材とは?

酪農で家畜の寝床になる敷き藁や土木資材としておが粉、チップ材としても使用されてますが、原料材は製紙会社がそのほとんどを引き受けてくれていました。

林業や木材業界で使われる「原料材」とは、間伐や主伐で必ず発生してしまう曲がりが激しい木や製材できないような細い間伐材などです。

酪農で家畜の寝床になる敷き藁や土木資材としておが粉、チップ材としても使用されてますが、原料材は製紙会社がそのほとんどを引き受けてくれていました。

紙の使用量が激減

しかし、みなさんご存じのとおり新聞や印刷紙がデジタル化で減り、さらに減り続ける予測です。

近年では再生製紙技術が向上され、原料を古紙に頼る割合が50%を超えています。

用紙では以前よりも原料材を使用しなくなってきたのです。

未利用木材って?

伐採後に山に放置される使用されない木材(未利用木材)を原料に使用して余すとこなく資源を使おうとする取り組みを始めてます。

一部の木質バイオマス発電工場は、伐採後に山に放置される使用されない木材(未利用木材)を原料に使用して余すとこなく資源を使おうとする取り組みを始めてます。

未利用木材は大雨で河川やダムに流木として発生したり、虫害の発生源ともなる可能性があります。

しかし、枝や細木は運び出すコストの方がはるかに高価で事業化は困難です。

伐採現場でチップ化したりして生産性を高めようと試行錯誤し努力してます。

植林でも好評価

未利用木材の利用は植林を促進させてくれるといえるでしょう。

未利用木材の搬出は、枝などの片付けがないので植林作業の妨げになりません。

植林の苗木の植付の前に「地ごしらえ」という伐採後の枝などの片付け作業があります。

土や小石などが付いたり朽木はチップ化できませんが、未利用材のバイオマス原料使用により伐採後の現場がきれいになり地ごしらえ作業が軽減されます。

未利用木材の利用は植林を促進させてくれるといえるでしょう。

立木伐採に欠かせないバイオマス原料材

ほとんどの山林伐採では価値が低い木材が発生します。

弊社本社がある北海道北部沿岸では、平均50~60%が製材用にならない丸太が発生する山林がほとんどです。

山林の木は全てまっすぐに生えているわけではなく、どんなプロが伐採してもその比率はあまり変わりません。

クルクルと皮むきのように使う合板材の使用方法は、曲がりや節がある木材もある程度使えて画期的な使用法ですが、細木は使えませんのでやはり全量は使えません。

立木の伐採に欠かせない原料材の新たな利用法である木質バイオマス発電は、立木全体の価値を高めてくれる救世主となり得るかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました