SDGsの実現には健全な林業経営

SDGsの実現には健全な林業経営立木買取

SDGs(持続可能な開発目標)の2030年までの17の目標で、いくつもあてはまるのが森林機能の維持で、2030年以降も将来に向かって考えることが必要です。

「林業なんて成り立たない…」

現実として、これまで多くの林業家や山林所有者からよく聞く声です。

地球規模で取り組むSDGsの目標に向かって、これまで問題だったことが解消され、日本国内の林業経営が成り立つようにするにはどうすればいいのでしょうか?

難しい国内の林業経営

難しい国内の林業経営
厳しい林業経営

植林したら「非天然林」

森林面積が広大な北海道においても、手つかずの森林はそう多くはありません。

わけ入るのが困難だったり気候や環境が過酷な森林以外は、数百年来伐採や植林したことがない天然林は残っていません。

一度、伐採して植林した山林は天然林ではなく、農業のように継続的に人の管理が必要です。

数百年放置すれば「完全な天然林」に戻るかもしれませんが、それは現実的ではありません。

循環してなかった林業経営

なぜ、日本は木材大量消費国なのに国内の林業経営は衰退するばかりだったのでしょうか?

植林や育林、担い手の育成など林業関連の予算は減らさずに、地域の森林組合を中心に運営されてきました。

それなのに、国内の林業経営はたちゆかないというのはどういうことなのでしょうか?

国産材の循環の問題は「丸太をつかう」ところに問題がありました。

輸入材にたよる

カナダ産のツーバイフォー材

急激に丸太の需要減があったわけでないのに国産材が使われなくなったのは、輸入木材の増加が影響しています。

価格が安いのが原因ですが、輸入材が大量に入ってきてから国産材の行き場がなくなり、需要がなくなりました。

今でもホームセンターに行ってDIY材料としてみかけるツーバイフォー材などは、ほとんどが外国産材です。

北米北欧からくる輸入材の品質が向上され、公営のような製材品の生産体制で、価格も安く設定され、中小企業を中心とする日本国内製材業は太刀打ちできず、縮小していきました。

使う用途がない国産丸太は、買う製材所がないので伐る必要もなくなり、伐採が進みませんでした。

輸送距離は近い方が良いはず…

これからは持続可能な開発目標として、国産の丸太を有効に利用を真剣に考えることが必要です。

森林をCO2吸収のための森林を持続可能なものにするには、そこで産まれる丸太をその近くで使う努力をしなければなりません。

為替相場や市場価格に影響受けますが、単価に対して木材は輸送コストが大きい資材です。

できるだけ近くにある国産材を利用した方が、流通過程のCO2の発生が少なく済みます。

変わる立木伐採のすがた

災害が多発し山林機能の向上のため植林が推奨されています。

そのために、一定の林齢に達した伐採適時の立木を伐採することが必要です。

高度成長期は旺盛な丸太需要を背景に、官民ともに利益重視で伐りだしていましたが、今はSDGsや環境、災害防止の視点が重視されてます。

違法伐採を減らし合法木材を扱う認定事業者登録制度も広がり、立木の成長が効率よいエリアを分析したり、一方で防災機能を高めたり鳥獣保護のエリアも広がっています。

伐採は悪か?

人の手で植えた植林木はいつかは収穫すべき

伐り出して丸太として有効に使い、そこに新たな苗木を植えてCO2を吸収してくれる若い成長木を育林していくことが大切です。

我々も巨木や大木は残しておきたいですが、成長が止まってほぼCO2を吸収しなくなった植林木は、残しておきべきなのでしょうか?

木を植えることや枝払いや下刈りなど育林管理することに賛同は得られても、「伐採はすべきでない」と思われてきました。

農作物の収穫は批判される事はありませんが、立木の伐採は悪とされてきました。

人の手で植えた植林木はいつかは収穫すべきで、効率的な時期を選ぶことで林業の生産性を向上させます。

国公立公園や保安林のように伐採を禁止するエリアを決め、生産林は計画的な伐採をすすめることで、防災と林業生産性の向上を目指せると思います。

植林をみすえた伐採

植林や育林作業も考えて伐採する

多発する土砂災害を抑制するには、必要最小限の土木作業にとどめた方が良く、植林地や林道を痛めないように伐採作業しなければなりません。

伐採の時に短期しか使わない作業道でも、植林の時や育林作業に入る時も考えなければなりません。

立木を倒す時も林道や他の植林木に被害を与えないようにし、伐倒木を集める時に作業性が良い方法をいつも考えて作業しなければなりません。

立木伐採の時に、その後の植林を考えて作業することが大切です。

やはり長期計画が大事

無計画な伐採は、自然環境を破壊し森林機能を失うことになり、災害となり人類に大きな損失となってかえってきます。

SDGsの目標とは反対の行為となります。

地球規模で大きな開発目標が定められた今、現場レベルの民間人にできることは、長期の山林計画を持つことではないでしょうか?

「伐採してお金にしてテキトウに植林しておこう…」では長期でみた時に総収入が高くなるとは思えません。

収入を長期で予測して、かかるコストを下げるためには長期の計画が必要です。

木材業もDX

SDGsにより、木材事業者もデジタルトランスフォーメーションしていくことが求められていると感じます。
SDGsによりDXが

これからは丸太の需要を分析し、山林の面積や密度を計画的に考えて伐採していくことが予想されます。

そのために、これまで人力や勘でやっていたことを、デジタル技術を使いおきかえていくことになるでしょう。

リアルタイムに丸太需要、立木の育成状況を把握し、最適な計画をAIで求めて、無駄な動きや非効率を排除することになります。

SDGsにより、木材事業者もデジタルトランスフォーメーションしていくことが求められていると感じます。

タイトルとURLをコピーしました