丸太価格の材積とは?立木価値に直結

丸太価格の材積とは?立木の価値に直結立木買取

林業で生産される素材丸太はトラックで搬出されます。

林業者は丸太を販売先の工場オーダーに応じてサイズを整えて積み込みします。

買ってくれる方の要望に応じて樹種や長さ太さを揃えて出荷するのです。

値段はサイズによって単価が変わります。

一般的に太くて長いと高額、細くて短いと低価格です。

素材丸太に価格付けする単位は重さではなく体積を使います。

パルプ原料などでは重量や体積で計量して値決めすることもあります。

素材丸太価格の取引方法を紹介します。

丸太の価格は材積

丸太の値段は、丸太の体積となる立方メートル単位で値段が決められます。

素材丸太の価格は、丸太体積となる立方メートル単位で値段が決められます。

材積と呼ばれその歴史は古く、尺貫法の江戸時代から使われています。

国際的にほとんどが材積を使います。

輸出入に使うインボイスも立方メートル単位で記述します。

材積って?はかり方は?

末口の直径をはかり、直径×直径×長さで計算されます。

材積とは丸太の体積(容積)のことです。

丸太は林産物で一本ずつ形状が違いますから精密に体積を算出するのは困難です。

材積の算出方法は日本農林規格(JAS規格)で規定されています。

枝や樹皮を含まずに計算されます。

末口の直径をはかり、”直径×直径×長さ”で計算されます。

つまり、角柱として体積計算されるのがルールです。

丸太価格は立方メートルでいくら

素材丸太の単価は材積で計算される

素材丸太の流通販売において、材積に値段をつけて取引することがほとんどです。

ケヤキやナラなどの高級木材は、一等、二等などの品等が付いています。

針葉樹なら1m3で1~2万円に対し、銘木は50万円以上になることもあります。

素材丸太の銘木市は月に一度ほど開催されています。

材積価格を基準に競り合いオークション形式で競り落とされます。

重さで取引することも

伐採された素材丸太は工業製品ではないので、真っすぐではないものも多いです。

盆栽のように大きく曲がっていることもあります。

曲がりくねって長さが測定しにくく、二股三股になったり樹幹部が朽ちている木もあります。

こうした立木から伐り出す丸太は価格が安い傾向です。

1本ずつ材積を割り出すコストがかけられないことがあります。

パルプ原料となる木材は、古くから重さで価格を定めて取引することがあります。

製紙会社に多い取引方法です。

丸太価格としては比較的価格が高くない低質材の値決め方法です。

浮き沈みが激しい丸太価格

伐り出して丸太して長期間積み上げておくと、腐朽したり虫害被害のリスクがあります。

昔ほどではないですが、丸太の取引価格は意外に変動します。

景気や円相場に左右され、需要が大きく落ち込むこともあります。

円高、景気低迷に弱い丸太価格

不景気になると自動車等の工業製品の物流が滞り、物流資材の原料となる丸太の実需が急減します。

急激な円高になると輸入材が安価になり価格競争で有利です。

対して国産木材には注文が入らなくなります。

為替の影響を受けやすいのは、流通関係の「梱包材」や「パレット材」です。

円高だと海外生産のラジアータパインなどに置き換わります。

さらに円高が続き不景気になると自動車等の工業製品の物流が滞り、実需が急減します。

上記の流通資材にとどまらず、住宅着工件数などの不振もでてきます。

建材や仮設資材も売れなくなり価格下落の要因となります。

在庫保存ができない?

丸太は在庫保存ができない

また、伐り出して長期間積み上げておくと、腐朽したり虫害被害のリスクがあります。

山林伐採現場の集材場所は仮設が多く、土砂災害に見舞われるリスクもあります。

立木から素材丸太にした後は、長期間保存ができないことも注意点です。

食品のように消費期限があるのです。

製材小売価格も材積で計算

製材小売価格も材積で計算
製材価格も材積計算

木材の小売販売は「1本いくら」ですが、それを算出するために材積を使っています。

ホームセンターで販売している木材も、地元製材所で加工した商品も多く並べられています。

卸し価格は材積を使っていると思います。

製材品はカンナがかかって表面がキレイだったり、面取りという角を丸く加工している商品もあります。

未乾燥もあれば人工乾燥製材もあります。

価格は材積をもとに算出してますが、これらの二次加工有無もよく見てください。

まとめ、木材取引に欠かせない材積

木材業界では製材や素材丸太の値決めを材積で算出します。

立木状態の取引でも同様です。

同じ曲がりや品質が二つとない自生する立木で精密な材積を割り出すことは困難です。

胸高直径を計測して面積を参考におおよその立木材積を計算しています。

ドローンを使いセンサー技術やAIの精度が上がり計測力が進展すれば、すぐに立木の材積を調べることができるようになるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました