足寄、本別、陸別の立木買取

上記以外の十勝地方でも買取いたします。カラマツ、それ以外の針葉樹、広葉樹も対象です。

”所在地がわからない”、”境界がわからない”時はご相談ください。当社足寄事業所は昭和36年開設の老舗です。(合法木材供給事業者認定道木連第051号)

立木から丸太を生産してます。買い取り対象は立木のみです。保安林や野鳥保護区域に指定されていることもあります。山林土地の売却はご相談ください。

買取価格の算出方法

買取金額は搬出道路の状況、地形等の伐採条件、境界の明確性や相場などにも大きく増減します。保安林や鳥獣保護など伐採に制限がある山林も存在します。面積や樹種だけでは価値は判断できません。立木の大きさや密度、腐朽や曲がりなどでも価格は左右されます。

なぜ、林道が必要?

せっかく良い木が育っても搬出道路がないと出荷できません。急に道路を新設すると多額のコストがかかります。林業経営を考えるなら、林内道路設計を適切に計画し、こまめに整備することが大切です。

林業従事者の間では”道をつけれれば一人前”という言い伝えがあるほど林道敷設は難しいです。地形や土質、沢谷や風雪を考えてつくらないと1年で林道が使えなくなることもあります。

共有林道を損壊したり、山林隣地境界を越えたり、不法な伐採は後日に大きな賠償が発生することがあります。近隣の生活者や公共道路への配慮が必要で、農地牧草採取地、シカ防止柵や電線にも作業前に許可確認が必須です。また、伐採後の植林計画も必要です。

植えてもお金になるの?

針葉樹は成長が早く、面積も出材量も北海道十勝地方はトップクラスです。温暖化防止のため国や自治体も植林補助に積極的です。植えておけば30年後には換金可能です。災害リスクはありますがどんな投資にもリスクが存在します。”伐採して植える”30年40年サイクルの栽培です。

環境資源の森林は税制優遇?

山林所得は、山林の立木や丸太を売った時の所得で、植林費や管理費等は必要経費になります。”5分5乗方式”という計算方式で所得税が軽減優遇されてます。ただし、山林取得してから5年以内や50ha以上所有している方は、事業所得か雑所得になります。

山林所得は住民税(約10%)や消費税(10%)もかかります。山ごと譲渡するときの土地の部分は、譲渡所得になります。

伐採したら必ず植林します。国や自治体から補助金が出ます。

カラマツ丸太の使用用途

全国で木工場や製材工場は減少傾向です。森林はあるが加工場がない地方が数多くあります。しかし、北海道十勝には年間数万m3使う製材工場があり、多くの原木丸太需要があります。
カラマツは主にパレットや梱包材に、それ以外のマツ類は住宅建築材に使われます。広葉樹は家具、樽やフローリングなど様々な使用用途があります。

北都物産 足寄事業所

TEL 01562-5-2640(8:30~17:00 土日祝日を除く)
asyoro■hokutobussan.com ←■を@に変更